2011年08月22日

NHK杯

 8月21日(日)、つがる市稲垣体育館及び体育センターにおいて、第33回NHK杯青森県小学生バレーボール大会が開催されました。
 本大会は、県内各地区の予選会で勝ち抜いたチーム及びこれまでの県大会上位入賞チームが参加し、山形県で開かれる東北大会への出場権獲得をもかけた大きな大会となっています。

110821_1.JPG 110821_2.JPG

110821_3.JPG 110821_4.JPG

110821_5.JPG 110821_6.JPG

 西北五地区からは、男子が「稲垣」「栄」、女子が「稲垣」「穂波」「つがる」の合計5チームが参加し、熱戦を繰り広げました。
 結果は、男子優勝が「稲垣」、準優勝が「青森篠田」。女子優勝は「岡三沢小」、準優勝が「稲垣」となり、この4チームが東北大会の出場権を獲得しました。特に女子決勝戦は白熱し、第2セットはデュースが続き、27対25というスコアでした。
 残暑が続く中ですが、どのチームも大変よく頑張りました。東北大会出場が決まったチームは、本県代表として、精一杯頑張ってきて欲しいと思います。
posted by 西北小連 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック